Loading...
7月24日金より、Bunkamuraル・シネマほか全国公開
 ヒトラー率いるナチ・ドイツがドイツ国内の権力を掌握した1930年代。隣国のオーストリアにもその勢力は拡大し、当時の首相シュシュニックの抵抗も空しく、1938年オーストリアはドイツに併合される。ロバート・ワイズ監督の『サウンド・オブ・ミュージック』でトラップ一家が国境を越えたその時代だ。本作は、そんな激動のオーストリア・ウィーンにやってきた17歳の青年と、精神科医ジークムント・フロイト教授との出会いと友情、そして若き青年にとっての初めての恋と成長を幻想的な映像美と共に描いた物語。
原作はウィーン生まれの作家ローベルト・ゼーターラーの「キオスク」。2012年の発行以来ドイツで50万部を超える売り上げを記録したベストセラーに惚れ込んだプロデューサーが、ゼーターラーを口説き映画化にこぎ着けた。
 青年フランツの人生に大きな影響を与える人物として登場するのは、心理学の三大巨匠ともいわれるジークムント・フロイト。本作に唯一登場する実在の人物で、ファンタジーになりかねない本作を現実につなぎ止め、この物語にリアリティ溢れる情緒をもたらしている。そしてフロイト役に白羽の矢が立ったのが名優、ブルーノ・ガンツだった。『ベルリン・天使の詩』『ヒトラー~最期の12日間~』などで主演を務め、その名を世界に知らしめたガンツは、遺作となった本作で、ナチスによる抑圧や、老いによる病に耐えながらも、友人としてうぶな青年の人生に華やかな彩りを添え、その成長を手助けする人生の師を見事に演じている。
1937年、ナチ・ドイツとの併合に揺れるオーストリア。自然豊かなアッター湖のほとりに母親と暮らす17歳の青年フランツは、タバコ店の見習いとして働くためウィーンへやってきた。常連のひとりで“頭の医者”として知られるフロイト教授と懇意になったフランツは、教授から人生を楽しみ恋をするよう勧めを受ける。やがてボヘミア出身の女性アネシュカに一目惚れをし、はじめての恋に戸惑うフランツは、フロイトに助言を仰ぐ。しかし、時代は国全体を巻き込んで、激動の時を迎えようとしていた。
オーストリア併合
1934年、政権奪取を狙うナチ党が企てたクーデターによってドルフス首相が殺害される。後任のシュシュニック首相は自国の独立を維持しようと試みるが、ヒトラーは着々と圧力を強めていった。1938年、更なる譲歩を求めるヒトラーに反発したシュシュニックは、独立をかけた国民投票の実施を宣言するが、ナチスによる武力介入の圧力を受け国民投票は中止。3月13日ナチ・ドイツによるオーストリア併合が完了し、その後の国民投票によって合法化された。オーストリアが共和国として完全な独立を果たすのは1955年となる。ユダヤ人であるフロイトは1938年6月にロンドンへ亡命したが、がんの悪化により1939年9月23日に生涯を閉じている。
  • 1996年に俳優である両親の間にウィーンで生まれた。10歳でニコラウス・ライトナー監督のTVドラマ「DIE ENTSCHEIDUNG」でデビューを果たし、テレビ番組「Hannas Entscheidung」(2012年)、「Die Freischwimmerin」(2014年)、「Die Toten vom Bodensee」(2014年)やライトナー監督による「Die Stille danach」(2016年)に出演。若きアウトサイダーを演じたシュテファン・リヒター監督の『EINER VON UNS』(2015年)で、ロミー賞の最優秀若手俳優賞にノミネート、また18年にはドラマ「Schnell ermittelt」での演技が評価され、再び同賞の最優秀若手俳優賞に再度ノミネートされた。
    1941年にチューリッヒで生まれ、大学で音楽と演劇を学んだ。1960年に、『Der Herr mit der schwarzen Melone』で映画デビュー。その後ドイツに活動の場を移し重要な役者のひとりとして活躍するようになる。主な出演作に『ベルリン・天使の詩』(1987年)、『ヒトラー~最期の12日間~』(2004年)、『愛を読むひと』(2008年)、『手紙は憶えている』(2015年)、『ハウス・ジャック・ビルト』(2018年)、『名もなき生涯』(2019年)など。ガンツは、ドイツ連邦共和国功労勲章、生涯にわたる功績に対するゴールデン・カメラ賞、ドイツ語文化への貢献を称えられたカール・ツックマイヤー賞など数多く受賞している。2019年に死去、本作が遺作となる。
  • 1966年ウィーンに生まれ、1987年に俳優としての活動をスタートさせる。舞台やテレビ番組を中心に活躍しており『顔のないヒトラーたち』(2014年)、『熟れた快楽』(2016年)、『女は二度決断する』(2017年)などの作品に出演している。
    1995年ロシアで生まれベルリンで育つ。舞台での活躍を経て「Das Adlon. Eine Familiensaga」(2013年)、「Letzte Spur Berlin」(2015年)、「Und dann noch Paula」(2015年)、「Der Staatsanwalt」(2016年)、「Toter Winkel」(2017年)、「Tod im Internat」(2017年)など多数のTVドラマ、ショートフィルムに出演している。
1996年に俳優である両親の間にウィーンで生まれた。10歳でニコラウス・ライトナー監督のTVドラマ「DIE ENTSCHEIDUNG」でデビューを果たし、テレビ番組「Hannas Entscheidung」(2012年)、「Die Freischwimmerin」(2014年)、「Die Toten vom Bodensee」(2014年)やライトナー監督による「Die Stille danach」(2016年)に出演。若きアウトサイダーを演じたシュテファン・リヒター監督の『EINER VON UNS』(2015年)で、ロミー賞の最優秀若手俳優賞にノミネート、また18年にはドラマ「Schnell ermittelt」での演技が評価され、再び同賞の最優秀若手俳優賞に再度ノミネートされた。
1941年にチューリッヒで生まれ、大学で音楽と演劇を学んだ。1960年に、『Der Herr mit der schwarzen Melone』で映画デビュー。その後ドイツに活動の場を移し重要な役者のひとりとして活躍するようになる。主な出演作に『ベルリン・天使の詩』(1987年)、『ヒトラー~最期の12日間~』(2004年)、『愛を読むひと』(2008年)、『手紙は憶えている』(2015年)、『ハウス・ジャック・ビルト』(2018年)、『名もなき生涯』(2019年)など。ガンツは、ドイツ連邦共和国功労勲章、生涯にわたる功績に対するゴールデン・カメラ賞、ドイツ語文化への貢献を称えられたカール・ツックマイヤー賞など数多く受賞している。2019年に死去、本作が遺作となる。
1966年ウィーンに生まれ、1987年に俳優としての活動をスタートさせる。舞台やテレビ番組を中心に活躍しており『顔のないヒトラーたち』(2014年)、『熟れた快楽』(2016年)、『女は二度決断する』(2017年)などの作品に出演している。
1995年ロシアで生まれベルリンで育つ。舞台での活躍を経て「Das Adlon. Eine Familiensaga」(2013年)、「Letzte Spur Berlin」(2015年)、「Und dann noch Paula」(2015年)、「Der Staatsanwalt」(2016年)、「Toter Winkel」(2017年)、「Tod im Internat」(2017年)など多数のTVドラマ、ショートフィルムに出演している。
1957年オーストリア生まれ、『SCHWARZFAHRER』(1997年)や、『DREI HERREN』(1998年)を世に送り出し、オーストリア映画業界で成功を収めた。その後は、テレビドラマ「タートオルト」(2010年、2019年)をはじめ、「DER SCHUB」(2001年)、「STÄRKER ALS DER TOD」(2004年)、「DIE ENTSCHEIDUNG」(2006年)などドラマ作品を数多く手掛けている。
1966 年ウィーン生まれの作家・脚本家・俳優。俳優として活動する傍ら 2006 年に「ビーネとクルト」で作家 デビュー。本作で一躍人気作家となり、「ある一生」では 2015 年グリンメルスハウゼン賞を受賞、 2016 年に は英語訳がイギリスのブッカー国際賞の最終候補作となる。 「ある一生」は 2014 年の刊行以来、長らくベスト セラーリストにとどまり、ドイツ語圏で 80 万部を突破、37 か国で翻訳が決まっている。
東宣出版 訳=酒寄進一